それでは彼女達は救われません


最近虐待や家庭内暴力もよくニュースで取り上げられていますが、DVも家出少女の家での理由の上位に挙げられます。

「そんな大げさな、親がしつけのために子供を殴る事もあるだろう?」と思うかもしれませんが、

DVはもっと深刻で時には死に至るようなひどい暴力も見受けられます。

そして昔は近所づきあいがあり、近所の人の目によって未然に防げたものが、最近では近所づきあいはなくなり、

隣近所にどんな人が住んでいるのか、顔すら知らない人も多いでしょう。人間は知らない相手には無頓着になります。

例えば子供の泣き声が聞こえていたとしても

面倒な事に関わりたくないと、見過ごされてしまう事が残念ながら多い状態です。

DVが理由で家出する少女は居場所を作るために必死になります。大人から愛されたい、守られたいという感情も強く

そこに付け込み、肉体的な欲望を満たそうとする人もいますが、。

DVを長期的に受けていた少女の特徴は被害妄想が強く、臆病で警戒心が強いので

あまり詮索される事を好みません、相手が話したいのであれば、聞いてあげればいいですが、そうでないのなら無関心で

いたあげた方がいいでしょう。

特徴は性格的な事だけじゃなく、身体面でも見られます。身体にあざや傷があったり、極端に痩せているかもしれません。

そして、虐待には性的な虐待も含まれます。もし父親から性的虐待を受けている少女を父親と同年代の男性がセックスするのは

恐怖をフィードバックさせてしまう事になるので絶対に無理強いをしてはいけません。

彼女達は居場所がないので、安心できる場所を求めています。そのため安心できる場所を提供すると

居ついてしまう可能性もあります。そこまで覚悟が出来ていない場合は早い段階で拒絶し出ていってもらいましょう。

とにかくDVを受けている家出少女の対応は難しいの一言につきるので、出来れば避けた方がいいかもしれません。

おうちに帰るに帰れない10代の女の子

最近、なんだかおうちに帰るに帰れない10代の女の子が増えてるみたいなんです。

計画性がないのか、終電の時間も忘れて夜遊び回ったり、かといってタクシー代の持ち合わせもなし。

ていうか、家にいると親と喧嘩ばかりなんで帰りたくないしー、。

そういう女の子達が頼りにして、こぞって登録するのが家出サイトです。

家出サイトには、お家に帰るに帰れず、お腹を空かして今晩寝る所もない可哀想な女の子達が大勢待ってます。

そんな女の子たちを助けてあげたい、一晩泊めてあげてもいい、と思ったら、家出サイトに会員登録してみてはいかがでしょう?

会員登録方法は至って簡単です。

プロフィールとあなたの連絡先メルアドを書くだけ。

特に難しい証明手続きも要りませんし、もちろんお金もかかりません。

メルアドはフリーメールアドレスでOKです。フリーメールアドレスなら使わなくなったら捨ててしまえて便利ですよね。

会員登録終了後は、既に登録済みの女の子を検索して捜すだけです。

これがまた結構かわいい子が多いようです。

好みの子が見つかったらメールを送り、しばらくメールでやり取りします。

お互いに会おうという事になったら、場所を決めてご飯などご馳走します。

女の子をお腹いっぱいにしてあげた後は、休憩がてら女の子をあなたの家に泊めてあげるのもいいですね。

あなたが優しくしてあげた女の子によっては、とっても感謝して、何かお返ししてくれるかもしれませんよ?

家に帰るに帰れない女の子に相談されてのお泊まり。こんなきっかけで新たな出会いを促してくれるのが家出サイトです。

あなたにもそんな家出サイトが縁で、素敵な出会いが訪れるといいですね。

家出した女の子

家出した女の子に理由を聞いてみて一番多いのが「なんとなく」というものです。漠然としてて、かえって深い闇を感じる言葉ではありますね。

「なんとなく」という言葉の裏に見え隠れするのは、彼女たちの無気力・虚無的な人生観であり、「どうせ」「なんだっていい」「どっちでもいい」「べつにいいや」という投げやりな女の子の像が浮かんできます。そのくせお年頃ですから好奇心だけは旺盛で、気が向いた事にはとことんのめり込むという、猫のように、ちょっとツンデレな子が多いようです。

こういうタイプの子を攻略するには、やたらと追いかけ回してはだめです。ひたすら観察することです。その点も猫に似てますね。何も言わないで離れたところからじーっと観察してると、女の子の方が気づいて何か言ってくるかもしれません。こういう時下手ににとりつくろったりしては駄目で、素直に、

「おもしろそうな子だから見てた。君みたいな子まわりいいなくてさ」などと言ってみましょう。

こういう本音でぶつかってくる男には警戒心が薄れやすいのか、。

「かわいい」という言葉を口にしないのは、やはりありふれた社交辞令やナンパと受け止められるのを避けるためでもあります。それに女の子は他人にはわからないコンプレックスがあるもの。かわいいなんて言われて警戒心を強めるかもしれませんからね。

その後は、彼女たちが嫌なじゃない限り、適当に遊んでみるのもいいかもしれません。気が合えばまた会って遊ぶのもいいでしょう。もちろんマジで好きなタイプなら積極的に近づいて仲良くなるのもいいかも。

このタイプの子は「何となく」家出した事からもわかるように、家出行為も一時的なもので、あまり長続きしない可能性が高いようです。家出サイトを利用するまでもなく家庭に戻ることもありますので、あまり深入りしないほうが無難かもしれません。

へたに強引に関係を迫るようなことがあると、親にチクられたり、最悪訴えられる危険性があるかもしれません。

くれぐれも行動は慎重にしていただきたいと思います。

無いと困る?!

インターネットは今や一説によれば日本での普及率が70パーセントを超えているようです。日本の年齢別の人口構成から見て極論すればほぼ100パーセントなのかも知れません。そしてこのネットの普及に合わせたサイトの数も無数です。その中には家出掲示板サイトがありますが、数年以上前にはその存在は考えにくかったのでは無いでしょうか。とにかくネット上のサイトは刻一刻と増え続けていると言えるでしょう。そしてこれらのサイトはある人には全く必要が無くても別の人にとっては極めて重要なサイトなのです。そして世の中には必要悪と言う存在もありますから、ここで家出掲示板サイトの是非論をするのは的外れなのかも知れません。考えようによっては本気で家出掲示板サイトに書き込みをしている女の子にしてみればこのサイトは無くてはならないのです。また、このサイトで救われる女の子が居るかもしれません。しかしその一方で家出掲示板サイトを利用して不当な利益を上げている悪徳業者も居るでしょうし、このサイトを利用して楽しい思いをする男性もいるでしょう。そう考えると最早家出掲示板サイトは無くてはならない存在であると同時に、今後は可能な限り正しく運営されていかなければならないでしょう。ただし、正確に実態と問題点を把握しない的外れな規制をするのでは何にもなりません。それからインターネットの面からはウィルスの問題も忘れてはならないでしょう。とにかく今の世の中には無いと困るものが溢れていますし、。